So-net無料ブログ作成
検索選択


ソファにベッド、ラグなど。送料が気になるインテリアグッズをお得にGET!

ストーカー [事件]

ストーカーの被害に、もしあったら?

最初に、警察に相談。

その際のポイント。

①被害の証拠を、集めておく。

実際にストーカー行為をされているという証拠が必要。

「脅迫まがいのメール」の内容。

電話の着信履歴。

防犯カメラの映像。

これらの証拠を警察にみせて、どれだけの被害状況かを、伝える。

これらの証拠が残っていない場合には、メモをできるだけ詳細に残すこと。

「いつ、どこで、どのような被害にあったのか」を具体的にメモしておいて、警察に見せること。

②被害の継続性。

警察に動いてもらうためには、ストーカー行為が継続して起こっているということを、具体的に伝えることが、重要。

繰り返し行われていることを説明することで、緊急性を要することを訴えることもできる。

③ストーカー行為の危険性。

たとえば、メールとかで、「殺す」とか、「家に火をつけるぞ」とかの会いたいというレベルを超えた犯罪に近いようなメールが来ている場合には、こういう行為が行われていると、きちんと伝えること。

このような情報を、できるだけこまかく警察に伝えることが、とても大事。


(弁護士ドットコム代表、元榮太一郎弁護士さん)

上記は、めざましテレビさんがネタ元。

気を付けましょう。

殺されてからでは、遅い。

あまりにも、痛ましすぎるよね。

今回の事件は。

こちら⇒ストーカー対策

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース


贅沢!源泉かけ流しの宿検索ならコチラ



SEO対策テンプレート

ブログ王ランキングに参加中!
ブログランキング
ブログランキングならblogram

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。